星のうた Planets sing for You.

伝統的占星術、タロットカード、姓名判断、名刺、好きなことを仕事にすること、生きる意味を知ること。

ここらでちょいと自分語りをしてみようか。

      2014/04/14

アホな記事が少し貯まったところで、真面目でもないプロフィールなんかを……。

少々長いし若干暗いですが、お付き合いくださると嬉しいです。愛してます。←くどい







占いってモノを少し勉強してみようか……と思ったのは、8歳の時でした。

その動機は、その年齢らしからぬモノ。



「何故自分は生まれたのか? そこに意味はあるのか?」

そう思ったきっかけは、まあ、簡単に言えば家庭内トラブルです。



ただその答えを知るだけのために、時折別の占術に浮気をしながらも

30年近く何かしら情報収集していました。

もちろん他にも趣味はたっくさんあったので、全部並行でしたが。



とにかく家を出たくて、わざと実家から通えない距離の専門学校を志願し、東京でひとり暮らし!

しかし、その頃って……就職氷河期でした。



「うちの職場に女はいらない」と何件言われたでしょうか。

卒業まで結局内定できず、フリーターとなります。

「バイトなんて使い捨てだから」と目の前でハッキリ言われたこともあります。



やっと念願の正社員になれたのは、卒業して4年後。

しかし、2年でリストラとなりました。

理由は、その会社の別の人の失敗の尻ぬぐいと、私の体の弱さ。

気管支炎、歩けない程の生理痛、偏頭痛持ち……なので月に1度は休んでしまってましたからね。





ここで、私の中にひとつの結論が生まれます。

「会社を頼りにしちゃダメだ、ひとりでも食べていける技術がなくちゃ!」

いやー、強くなるモンですよ人間って。



幸い、東京の荒波でリストラさえ笑いにできる程度にはタフになっており、

「永久就職活動、始めまっす★」等とほざきながら

リクルートスーツに猫のしっぽを縫いつけ、猫耳も装備して

当時よくアクセスしてたサイトのオフ会に参加しておりました。



アホは治らない!(結論?



え? 永久就職活動はどうなったって?

そこで捕獲した(?)のが今の主人ですよ!! やってみるもんだよ、乙女たち!!





しかし、結婚した主人は転勤族でありました。

どこかでパートをしようにも、転勤の辞令は突然やってきます。

その度にご迷惑をかけてしまう可能性があるのです。



そう、ある意味フリーランスしか選択肢がなくなりました……ヒャッホゥ!!

半ば強制的に独立です。当時は崖から落とされた子獅子の気分でしたが。



そして同じくこの頃、伝統的占星術の断片を知ることになります。

自分の中でくすぶってた占星術に対する違和感が、

それによってパズルのピースがはまっていくように、腑に落ちて行きます。



これは本気で勉強しよう!

そう思い習い始めて、習い始めて………7年。

えっそんなに経ったの? 遅すぎるよ自分(;´∀`)



出産を挟んだので余計延び延びになってしまったんです……ハイ。言い訳終了。



勉強中からプロの占い師としても活動をしておりましたが、

ある日ふと、自分がもの凄く「気合い入る」鑑定の傾向に気付きます。



転職、独立、夢を叶えること。才能を知ること。

ものすごく応援したくなります。

就職氷河期、そしてリストラを経験してるから余計なのだろうな、と自己分析。



恋愛専門鑑定などが普通にあるんだもん、「天職」専門の占い師いてもいいよね?

そんな発想から、「天職鑑定士」を名乗り始めましたとさ。

どっとはらえー。

……いや、この辺りにも実はいろいろあったんだけど、それはまた別の機会に。







長くてスミマセンorz

 - 私の話 , , ,