星のうた Planets sing for You.

伝統的占星術、タロットカード、姓名判断、名刺、好きなことを仕事にすること、生きる意味を知ること。

チョコレートと言われるアイツの惑星を考えよう

      2016/07/23

バレンタインデーーーーーーーーー!!!

そう、日本では黒くつやっとしたアレを送り合う儀式。ゴキではないぞ。



ということで、慌てて買ってきましたよ主人に。



主人はどちらかといえば「いろんなものをちょこっとずつ食べたい」人なので

ちょっといいスーパーで売っている、普段はあまり買わないチョコをいろいろ買ってみました。

定番品ならば、気に入ったらすぐまた買いに行けるもんね。



私は実は甘いモノはそれほど食べられない性質です。

チョコは基本的にビター派。75~85%くらいが一番好きかも。

今回もビターチョコが入っているのですが……



まさか3歳児と取り合うことになるとは思わなかったんだ……

変なところばかり似るよこの子!!





ここで終わったらこのブログらしくないので、チョコレートを占星術っぽく考えてみました。



チョコレートは、現在は固形が主ですけれど元々は飲みものだったそうな。

今で言うホットチョコレートやココアみたいなものではなく、もっと苦い感じ。



憶測だけど、純ココアをお湯で練り溶かしたモノに近かったんじゃないかな?

その苦みを消すために牛乳や砂糖をどんどん入れていったようです。

しかも中世の頃ヨーロッパでは、どうやらお薬扱いだったらしいです。Wiki先生より。



今で言えばコーヒーに近い存在だったんだろうな、と思います。

現在のような固形になったのは19世紀とのことです。



で、チョコレート。もしお手元にチョコレートがありましたら

ぜひとも原材料の部分をみてくださいまし。

「砂糖」がトップに書かれているかと思います。



この原材料って、重量の多いものから少ないものの順で並ぶのですね。

そう、砂糖がトップということは、砂糖がカカオより多いってことです。



砂糖は何となく金星のイメージです。(より正確に言うなら果糖なんだろうけど)

甘み自体は木星と金星にあるのですが、木星はHot & Moist、金星はCold & Moist。

白砂糖を摂取しすぎると体が冷えるという説もありますから、金星かなぁと。



カカオは、本来の味を考えれば火星かなぁと思います。苦み。

土星も苦みのイメージがありますが、カカオは焙煎もされているので

文字通り火の惑星、火星のほうがしっくり来るような気もします。



こう考えると、チョコレートは金星&火星の食べ物……という結論に。



……あれ? なんか恋愛っぽい感じ???

チョコレートが媚薬というのも、占星術的に考えてもあながち間違いじゃないのかも??

セクスィーなムードを醸したいならば、よりビターなモノをオススメします。はい。



……3歳児とセクスィームードはちょっとどうかと思うけど。





そういや惑星のチョコレート、去年見つけてウハウハしたのに

今年も買えませんでした……とほほ。



見るだけでもキュンキュンです。

占星術好きだけでなく、天体好きの人には受けると思う!





恋愛運よりも好きなことを仕事にできるかどうかが知りたい、

そんな方はコチラに来てね!→星のうた

 - おしゃべり, 占星術, 占術談