星のうた Planets sing for You.

伝統的占星術、タロットカード、姓名判断、名刺、好きなことを仕事にすること、生きる意味を知ること。

「価値がある」イコール「役に立つ」なの?

   

先日の記事で書きました、セルフヒーリングのレッスンでちづるさんにいただいた言葉の話です。


私は実家が農家であることもあって、農繁期は手伝うのが小学校に入る前から当たり前だったし、「働かざる者食うべからず」と言われ続けて育ってきました。

病気しがちでちょこちょこ熱を出し寝込んでしまうのですが、その度に「体の弱い家族はいらない」とも言われてきたし、そもそも自分が女性に生まれてきたというだけで「跡継ぎではない」訳でして、「女はお荷物」「早く嫁に行け」と小さいうちから何度も言われていました。

私が小さい頃から早く大人になって仕事を持ちたいと思っていたのも、成績や仕事で「男になんか絶対負けない!!」って妙に負けず嫌いだったのも、こういう体験があったからなのだろうと思います。
でも反比例するように、成績もどんどんダメダメになっていった10代、仕事も体を壊したりリストラされたりでなかなかうまく行かない20代\(^o^)/オワタ

独立してからも、とにかく「人のお役に立たねば、私は生きている価値がない」と言わんばかりの強迫観念がずっとありました。
ビジネスを学び始めた時も、とにかく「役に立たなきゃ、役に立たなきゃ……」ばっかりです。


でもね。違うんですよね。
あ、違うんだ……と感覚的に何となくわかってきたのは、ここ1年くらいです。
でも、それをうまく言葉に変換ができなかったワタシ。

セルフヒーリングのレッスンで、やはり実家にいた頃のわだかまりがまたガンガン出てきてしまって。
「働かざる者食うべからずっていうのが、どうしても心に引っかかっちゃってる」と伝えました。
で、ちづるさんから返ってきた言葉。


あのね、価値があるイコール人の役に立つ、だと思いこんでるよね。
でもそれってイコールじゃないんですよ。存在するだけで価値があるんですよ。

赤ちゃんって働けないでしょ? 何の役にも立たないよね。でも、価値がないなんて誰も言わないよね。
赤ちゃんに「働かざる者食うべからず」って言う人いないよね?

ペットとか、アクセサリーとか石とかだって人の役に立つほうが少ないよね。
でも、それにどれだけ価値を感じている人がいると思う?

むくさんがむくさんだっていうだけで、もう立派な価値があるんですよ。



そうそう、言葉にできなかった「何となく」はコレだ!!

とはいえ、ワタシ親にだってそんなこと言われたことありませんよ!!!
ちょっと涙腺緩みそうだったじゃないのっ。

価値を感じるか感じないかは、相手の感覚。
相手の感覚をこちらがコントロールすること自体が、そもそも無理って話ですよね。

活動はする。告知はする。あとは、共感してくれる相手が見つかったら、嬉しい。
ワタシとのご縁に、価値を感じてくれたら、嬉しい。

そこで、無理に「役に立とう」なんて躍起にならなくてもいい。
きっと、ワタシがワタシでいながら、ワタシが得意なことや楽しいと思えることを提供していたら、そこに価値を感じてくれる人もきっといる。

猫がニャーといいながらすり寄ってきただけで、悶絶級のありがたみを感じるワタシのように。(いや、これは言い過ぎ?


ちづるさん、たくさんのギフトをありがとうございました★


1月分の鑑定・コンサルティング・アクセサリー作成の受付は終了いたしました!
メルマガ読者様に優先案内をしておりますので、気になるアナタはご登録くださいませ!

メルマガ登録はこちら
「星のうた|伝統的占星術による天職鑑定」と「天然石のお守り工房[にゃんこの目]」共通です。

★「天職鑑定」を受けてくださったみなさまへ★
天職鑑定を受けてくださったみなさまが参加できる、サポートSNSを準備中です。
SNS会員限定のお茶会・プチコンサル、また会員さま同士のコラボ企画サポートなども考えております。
みんなで夢を着実に現実化させましょう!!

 - おしゃべり , , , ,