星のうた Planets sing for You.

伝統的占星術、タロットカード、姓名判断、名刺、好きなことを仕事にすること、生きる意味を知ること。

天職鑑定。天職を星で読むという話

      2015/10/17

天職鑑定をどういう風に読んでいるのかという話。
伝統的占星術で読んでいます。ネイタル(出生占星術)とホラリー(時間占星術)を併用してます。
素質の割り出しはネイタル、これからの流れや現状把握にはホラリー使ってます。
 
 
今回はちょいと占星術の技術的な話。
普通の占星術では、天職を見るのは10ハウスと言われています。
(生まれた時間を元に、地球から見た360度の宇宙を12個の部屋に分けるんですね。そのうちの10番目の部屋、10ハウスが「天職」の意味を持ちます)
 
でも、私の読み方ってその10ハウスしか読まない訳じゃありません。
出生図(産まれたときの星の配置図、ホロスコープ)全体を、「星が示すあなたの産まれた意味」と考えます。
 
産まれた意味、使命。
それと、本人が好きなものが仕事に繋がれば天職への道ができると考えてます。そういう理屈でこの鑑定を始めました。
 
ですので、ぶっちゃけ全部の星、全部の星のディグニティ、全部の星のレセプション、全部のカスプ(部屋の境界線のこと)、そして恒星との合なども含めて、見ています。
 
もちろん10ハウスやそのルーラ(そのお部屋の担当さんの星)は重視はしますが、他にめっちゃくちゃ強い惑星があるなら、そこを軸に読むことも多々あります。
 
 
あれ? 占星術の知識があれば、今日から天職鑑定パクれますね(●‘ω‘●)
でもここに私の、大勢のちょっと変わった友人知人・変わった職業・変なバイト経験、アフィリエイトなどのネットビジネスの経験や投資経験(株も投信もFXもやってました、不動産は未経験)がプラスされて、天職鑑定が出来上がります。
 
(´ー`)<理論はパクれても経験と友人はパクれないのだわ!
 
(逆に言えばお伝えできないモノがあまりにも多いので、私は天職鑑定の方法を「伝える」ことができません。なので天職鑑定講座は今のところありませぬ……すみません)
 
鑑定をご依頼のかたがたから、たくさんの凄く嬉しいご感想をいただいておりまして、浮かれてつれづれなるままに天職鑑定の思いを書いてみました。


現在、3月分の天職鑑定・コンサルティング・天然石ブレスレットのご予約をメルマガ読者様優先で行っております。

天職鑑定をご希望のかたは今すぐご登録くださいね!
メルマガでは、星の話を絡めながら「夢を叶えること、好きを仕事にすること」などを熱く語っております。
火傷しないでね(●’ω’●)

 - 占い師としてのスタンス, 占星術, 占術談, 鑑定・コンサルティング , , , , , , ,