星のうた Planets sing for You.

伝統的占星術、タロットカード、姓名判断、名刺、好きなことを仕事にすること、生きる意味を知ること。

占い師に多いこのご相談から考える、占い師に必要な力。

      2016/12/19

※この記事は、猫の皮をかぶっていた時(笑)に別のブログに書いていたものです。
 こちらのブログに転載しています。


先日、恋愛についてのお話を書きました。

やはり恋は乙女にとって一大事ですよね。
いや、個人的には男性にとっても一大事だと思っていますけど。

というか、恋はめぐりめぐって国にとっての一大事にもなりかねませんね(笑)
恋がなければ結婚も減って子どもが減る一方だもの……と、
下世話なおばちゃんトークはやめておきましょう。


さてさて、プロの占い師になったばかりの頃の私。
友人のことを長年占ってきても、仕事とか勉強方法の鑑定が得意だなぁと思いつつ、
とりあえず何のジャンルでも占いますよ、としておりました。

占いサイトなんかを見ても、恋愛のメニューがダントツに多いように、
きっと恋のご相談が多いんだろうなー、と漠然と思いながら。


確かに、恋のご相談はとても多かったです。
でも、その恋のご相談にも、偏りがありました。

不倫のご相談が、とても多いんです。

しかも、旦那さんが不倫している!というよりも、
旦那さんがいるのに他の男性に恋をして……という方が多いんです。


私は残念ながら?不倫の経験がないし、
当時はまだ若かったのもあって、不倫のご相談が来る度に
なんだかちょっとへこんでしまっていたんです。

でも、占いは占い。ご依頼はご依頼ですから、
きちんと出た結果に沿って、お伝えするようにしてましたが。


ちょっと悩んでしまって、それを先輩占い師さんに相談したことがあります。
そうすると、「不倫の相談が多いのは、当たり前なんだよ」と返ってきました。

普通の片想いや、交際中の人の悩み・相談ならば
友達や、仲がよければ兄弟、親にすることだってできます。
今ならSNS上で相談することもできるでしょう。

でも、不倫は……友達にも、親にも言えません。

だからこそ、秘密をきちんと守ってくれる占い師に
まずは「聞いて欲しい」んだよ。と。


そうか……誰にも言えずに苦しんでいるんだね。
不倫のご相談をご依頼される人たちに対する目が、
私自身少しだけ和らいだ瞬間でした。


今は時代も少しずつ変わり、人と人の繋がりが希薄になったと言われます。
そうなると、今までは友達にも相談できていた話題、

片想い、恋愛、結婚、転職、育児、教育、お金のこと……などを
相談できる人、話だけでもできる人が、もっと必要になるのでは、と思います。

恋愛カウンセラー、婚活カウンセラーなんて
10年前はそんなに多くなかったですし、
30年前は聞いたこともなかったと思います。

占い師は、ジャンルを越えていろいろなお話を聞ける立場にいる
唯一のお仕事なのかもしれません。


だからこそ、占い師側としては。
話を聞くこと、傾聴することをもっと大切に考えようと思ってます。

話を聞かない占い師なんて、占い師のフリした
ただの指図好きおばちゃん・おじちゃんです^^;;;;;
そういう人、多いですけどね……。


私もメール鑑定ではありますが、
あなたの言いたいこと、あなたの悩んでいることをきちんと受け止めて
鑑定をしたいと思っています。

例え愚痴になっちゃっても大丈夫です。
愚痴を吐き出せるだけでも、相当スッキリすると思いますよ。


占いを上手に利用して、充実した日々を送りましょう!

 - おしゃべり, 占い師としてのスタンス, 私の話 , ,