星のうた Planets sing for You.

伝統的占星術、タロットカード、姓名判断、名刺、好きなことを仕事にすること、生きる意味を知ること。

私の占い師としてのお仕事は、主にコレです。

   

※この記事は、猫の皮をかぶっていた時(笑)に別のブログに書いていたものです。
こちらのブログに転載しています。


今日は、私の占いのスタンスというか、
「占い師ってこういうもんだよね」的なお話です。

もちろん、該当しない占い師もいるでしょうけどね。


私は、占い師の仕事の中核は愚痴聞きだと思っています。

愚痴って言ったら申し訳ないけれど、
お客さまの悩みとかをどんどん聞いていくと、
愚痴に近いものに変わっていったりします。


でもね、これってすごく大切だと思うんです。
だって、お客さまはずっとその言いたかったものを
溜め込んでいたわけでしょう?

誰にも、言えずに。


昔は小料理屋のおかみさんとか、バーのママとか、
ご近所さんとの井戸端会議とかで、言えてたかもしれない。

でも、今って風潮的に「愚痴や弱音を言ったらアウト」
みたいなところがあるじゃないですか。

特に、なんちゃって自己啓発のおっさんたちや
なんちゃってスピリチュアル系のおばさんたちが

「愚痴ったらマイナスを引き寄せるよ!!」なんて言って
辛い気持ちを抱えた人たちを、無神経に踏みにじったりします。(毒)


占いなので、解決策を出すことももちろん大切です。
でも、もしお客さまが話したそうにしているなら、
その辛い気持ちを心ゆくまで吐き出させるのも、大切だなって思います。

場合によっては、心の中のごちゃごちゃを全部言うだけで
解決しちゃうこともあるし。

占い師になるんなら、愚痴を受け止めてあげるよ、という広い心の方が
上から目線で鑑定をゴリ押しすることよりも、
何倍も大事なんじゃないかなーって私は思います。


占いを上手に利用して、充実した日々を送りましょう!

 - 占い師としてのスタンス, 私の話 , ,