「しなければならない」という、自分への制限

「……しなければならない
「……してはならない
 
という情報ばかりに触れてると、自分の本当に好きなこと、やりたいこと、挑戦したかったことを見失ってしまう。
 
反発心が出てくるのは、まだまだ自分の軸を見失ってない証拠だから、まだ健全なのかも。
 
反発心さえも出ないまま、自分への制限ばかりを「素直に」増やしていくほうが、案外危険なのかもしれない。
 
でも、どこかでそのフラストレーションが溜まってて、どこかで歪んで、それを自由を謳歌する誰かや子どもたちにぶつける。
 
「……しなければならないのが常識だろう?」
「……してはならないのが常識だろう?」と。
 
こんな大人、すごく多い気がするよ。




Facebook椋木香名
フォロー・お友達申請歓迎です。
お友達申請は、メッセージを添えていただけると助かります。
(スマホのミスタッチで申請されるかたも多いので……^^;;;)

Facebookページ「星のうた」
Facebookページもいいね!してくださいませ。

スポンサーリンク